農作物への自動潅水とは

広い農地全体への潅水は時間がかかり、ご苦労されているものと思います。

怠る事もできないので遠方や宿泊を伴う外出などができないこともあるのではないでしょうか。

自動で簡単に農作物への潅水できたら・・・

 

点滴チューブによる自動潅水システムを使えば、農作物への潅水を「自動」的に「少量」ずつ「安定」して行うことができます。

 
点滴チューブで自動潅水 ご購入はこちら

 

手潅水・スプリンクラーの問題

散水ホースやスプリンクラーなどを利用した潅水では短時間に多くの水を与えるため、土の温度が急激に変化してしまい、農作物にストレスを与えることになります。

また、水量の調節が難しく、適した水量でないと農作物への悪影響が心配されます。

 

自動潅水システム

点滴チューブを使った自動潅水システムでは、一定の水量を時間をかけてゆっくりと与える「少量多潅水」を実現します。これにより悪影響の少ない安定した潅水が可能になります。

また、葉などを濡らすことがないため、病気や虫による害を受けにくくなります。

 

少量多潅水とは

一度に多くの水を与え、次の潅水まで時間を空ける従来の方法では、農地の環境を急激に変化させてしまいます。

少量の水を時間をかけ少しずつ与える「少量多潅水」は農作物へのストレスも少なく、成長を促すと言われています。

点滴チューブを使った自動潅水システムを利用すれば簡単に「少量多潅水」を実現できます。

 

点滴チューブの秘密

点滴チューブの秘密

迷路構造

チューブの中は迷路のような構造で、すぐに出口につながっていません。そのため一定の水圧をかけることで、チューブの先端まで安定した水量をゆっくりと潅水することができます。

多種多様な農作物に適応

薄型や肉厚のチューブ、潅水用の穴のパターンも10cm~30cmと複数設定、傾斜地に対応した製品も用意しました。
これにより多くの農作物に対応することができます。

肥料も自動で

潅水と同時に肥料を与える液肥混入機も利用可能です。これにより、潅水と肥料をまとめて自動化できます。

 
点滴チューブで自動潅水 ご購入はこちら

 

点滴チューブ

農業所得の確保と耕作放棄地の解消

株式会社薬善

河原崎商事スタッフブログ